神社参拝の作法

※ここでは、一般的な神社の参拝方法について記載をします。

一部の神社では若干異なる場合があるので、注意が必要です。

神社の玄関である鳥居前で、本殿に向かって一礼。

御手洗(みたらし,水屋(みずや)とも言う)に立ち寄り、以下の作法で身を浄めます。

柄杓を右手に持ち、水を合(柄杓の器の部分)に一杯になるまで入れる。

1、まず合の中の水の1/5程度の量の水を左手に掛けて洗い浄めます。
2、柄杓を左手に持ち替え、同じ要領で水を掛け右手を洗い浄めます。
3、柄杓を右手に持ち替え、左手に1/5の量の水を受けて、たなごごろに溜めます。
4、左手に溜めた水で口をすすぎます。このときに合に直接口を付けないように注意。
5、再度左手を洗い浄めます。
6、最後に合が上になるよう柄杓を傾けて残った水を柄に掛かるよう流し、柄杓を浄めます。

参道を通るときは、拝殿に向かって左側を通ります。
一番位が高い場所の中心は神様が通る場所、その次に位が高い右側は通らないこと。

拝殿をお詣りします。

お賽銭を納め、鈴を鳴らします。

お賽銭を投げる人がいますが、できれば両手で包むようにお賽銭をを持ち、そっと手を放して納めます。
このときに、封筒やポチ袋にお賽銭をいれてから納めるといいでしょう。

姿勢を正し、二礼。45度から90度、上半身を屈めて二回お辞儀をします。
二拍する。まず胸の前で手を合わせてから気持ち右手を手前にずらして右手の指をひと関節分ほど前に出す。その後二回手を打ち鳴らす。その後、手を揃え合掌します。
最後に一礼。

※なお、特別に祈祷を受ける場合は、宮司の指示に従うこと。

参拝の印に朱印を受ける場合は、拝礼後にいただきます。

境内から退く際、鳥居で本殿に向かって一礼して帰ります。

神社

寺院

多摩川観音霊場

秩父観音霊場

未分類

東京五社

調布七福神

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所『ブライダルラウンジ九段下』婚活ブログ銀座まるかん特約店斎藤一人・名言斎藤一人さん、大好き!彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 公式 神社仏閣巡り ご朱印帳 拝見!!研究所 All Rights Reserved.
オーストラリアドルが魅力的